調査計画(地方自治体)

川崎市都市イメージ調査

業務年度 平成20年度
対象地 川崎市、横浜市、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
発注者 川崎市
業務内容

1.目的
   川崎市は、平成15年に市制80周年を迎えたこと機に、「音楽のまちづくり」等の新
  しいイメージの創造と発信、また、30年以上も前の「公害問題」をはじめとした負の
  イメージの払しょく等によって、市民の川崎市への愛着の増進を目指し、市のイメー
  ジアップを図る「シティセールス施策」に取り組んでいます。
   本調査は、このようなシティセールス施策の浸透度および市の魅力資源等の認知
  度や好感度を把握し、今後のシティセールス施策等の基礎資料とすることを目的に
  実施しました。
  (平成17年度から継続されている調査であり、弊社では2回目の調査受託となり
  ます。)

2.内容
   インターネット調査アンケート
   (インターネット調査登録モニターを対象とした、インターネットの活用によるア
   ンケート調査)
    ・対 象:15歳以上のインターネット利用者の男女
    ・標本数:川崎市545人、隣接都市(東京都、横浜市)300人、首都圏都市
    (千葉県、埼玉県、神奈川県[川崎市、横浜市除く])300人

担当者名
池田 和子
 

ページトップへ