都市計画コンサルティングに関する研究レポート

川崎市の中学校の生徒の皆さんが業界研究で来社!

2020.02.05

先日2020年1月某日、川崎市立金程中学校2年生の生徒のみなさんが当社に来訪されました。
目的は、「オリンピック・パラリンピックに際して、それぞれの業界がどのように関係しているのか」という点に関する業界研究。
当社に来られた生徒さんの班は、「都市計画・まちづくり」の業界に関する研究ということで、嬉しいことにWEBサイトでたまたま当社を見つけてくださり、担当の先生を通じてお問い合わせを頂きました。

当日は、担当の先生は引率のみして直ぐに辞され、生徒さん5名自身で準備してきた質問を、(はじめのうちこそ多少モジモジと“はにかみ”ながらも)積極的に投げかけて頂きました。

前半は「オリパラに関して」ということで、公共交通の話題などが挙がりましたが、後半は生徒さんがたの関心が「そもそも土地の活用はどうやって決まるのか」といった点に移行。

当社が、「市場性」「法制度」の両面でホワイトボードでお話ししたのを、本当に熱心に聞いてくれました。


当社のような、都市計画や都市開発のコンサルティング業という業界は、一般的にはなじみが薄く、まして中学2年生にとっては相当難しい内容だったかと思いますが、このような業界もあるのだなと、このような世界もあるのだなと感じて貰えることが出来たならば、これほど嬉しいことはありません。

ありがとうございました。

担当者名
加瀬 由美子
 
>>詳細はこちら

ページトップへ